Japan Energy Database 地域エネルギー需給データベース Japan Energy Database 地域エネルギー需給データベース

About

About

 Japan Energy Database is developed by Energy Sustainability Laboratory of Tohoku University as an outcome of SIP Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program “Design of Energy System for IoE Society” that is conducted under the leadership of the Japanese Cabinet Office.
 We developed a method for estimating data that reflects the actual state of energy supply and demand in the region, and created a database of local energy supply and demand by city, ward, and town across Japan for local governments that will be responsible for designing local energy systems. We are also developing a local energy system model that applies the concepts of cross-sectoral (inter-carrier coordination of electricity, heat, fuel, etc., and inter-sectoral coordination of households, business, industry, transportation, etc.) and cross-border (wide-area coordination among regions) in order to address issues such as intermittency of time and ubiquity of space, which are characteristics of renewable energies such as solar power and wind power. We are developing a locall energy system model that applies the concept of cross-border (wide-area cooperation among regions). Based on these ideas of sector coupling, etc., we will create guidelines for designing local energy systems and contribute to the social implementation of sustainable cities and smart cities by local governments.

Version

2.1  (Latest update: Nov. 11, 2022)

How to cite our data

When using the contents of this site, please clearly indicate the source.
(Example of source description)
Japan Energy Database (Version 2.1), https://energy-sustainability.jp

サイト概要

 この地域エネルギー需給データベースは、内閣府SIP戦略的イノベーション創造プログラム「IoE社会のエネルギーシステムのデザイン」の「A-③地域エネルギーシステムデザインのガイドラインの策定」にて得られた研究成果として、東北大学大学院中田俊彦研究室が開発・運用しています。
 地域のエネルギーシステムデザインの担い手となる地方公共団体向けに、地域のエネルギー需給の実態を反映するデータの推計方法を開発するとともに、全国の市区町村別の地域エネルギー需給データベースを作成しました。また、太陽光や風力等の再生可能エネルギーの特性である、時間の間欠性や空間の遍在性等の課題に対応するために、クロスセクター(電力・熱・燃料等のキャリア間融通や家庭・業務・産業・運輸等の部門間連携)と、クロスボーダー(地域間の広域連携)の考え方を適用した地域エネルギーシステムモデルを開発しています。 これらのセクターカップリング等の考え方をふまえて、地域エネルギーシステムをデザインするためのガイドラインを作成し、地方公共団体によるサスティナブルシティやスマートシティの社会実装に貢献します。

バージョン

2.1

(最終履歴)

2022年6月13日 REPOS R3の再エネ導入ポテンシャルを反映

2022年10月02日 旅客鉄道と旅客バスを追加(1.3.1)

2022年10月21日 UI/UX刷新,再エネ出力特性掲載(2.0)

2022年11月11日 電力需給バランス分析機能を追加(2.1)

引用方法

当サイトのコンテンツを利用する際は出典を記載してください。
(出典記載例)
地域エネルギー需給データベース(Version 2.1),https://energy-sustainability.jp

Policy

License

 

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0 International License.If you wish to use the contents for commercial activities, please ask us.

サイトポリシー

ライセンス


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

当サイトのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。営利活動への利用を希望される場合は、事前にご相談ください。

References

Data sources

Documents & Literatures

  1. 環境省,地方公共団体実行計画(区域施策編)策定・実施マニュアル(算定手法編)(Ver1.1),2021
  2. 資源エネルギー庁,市町村別エネルギー消費統計作成のためのガイドライン,2006
    Hiroaki Onodera, Kazuyoshi Nemoto and Toshihiko Nakata, Integrated
  3. Design of Cross-reginal Energy Systems considering Distribution of Municipal Energy Demand and Resources, Journal of Japan Society of Energy and Resources, Vol.42, No.5, p. 337-350 (2021)

出典

データソース

参考文献

  1. 環境省,地方公共団体実行計画(区域施策編)策定・実施マニュアル(算定手法編)(Ver1.1),2021
  2. 資源エネルギー庁,市町村別エネルギー消費統計作成のためのガイドライン,2006
  3. 小野寺弘晃,根本和宜,中田俊彦,市区町村のエネルギー需給特性を考慮した広域圏エネルギーシステムの設計,エネルギー・資源学会論文誌 42巻5号,p. 337-350,2021

Q&A

How accurate are the data for energy consumption statistics by municipality?
In Japan, no statistical survey has been conducted to accurately determine energy consumption by municipality, so actual data is not available to verify the accuracy of the estimated data. Therefore, it is not possible to quantitatively verify the accuracy of the data at present. We are, therefore, making every effort to collect and verify as much reliable data as possible. The data are uniformly estimated using the method described in the manual, and we do not guarantee their accuracy.
 
Is it possible to obtain data for plural municipalities at once?
If you need data for plural municipalities, please contact us via the contact form. 

 

よくある質問

  • 市区町村別エネルギー消費統計のデータは正確ですか?

残念ながら、日本では市区町村のエネルギー消費量を正確に把握する統計調査が実施されていないため、推計データの正確さを検証するための実績データが得られていません。統計学的手法に基づいた精度評価も検討しておりますが、現状では正確さを定量的に示すことができません。そのうえで、可能な限り確かなデータを収集し、検証に努めています。なお、同データは、マニュアルに記載の手法で画一的に推計されたものであり、正確さを保証するものではありません。

 

  • 複数市区町村のデータを一括で入手することは可能ですか?

複数市区町村のデータがご入用の場合は、お問い合わせフォームからご連絡いただければ個別に対応いたします。なお、Webスクレイピングなどのサーバに負荷のかかる行為はご遠慮ください。

Acknowledge

I would like to express my deepest gratitude to the Cabinet Office and the Japan Science and Technology Agency for their support of the SIP. We hope that this database will be useful to the local community in some small way.

March 2022
Toshihiko Nakata, Professor
Graduate School of Engineering, Tohoku University

謝辞

SIPを所管する内閣府、および科学技術振興機構の関係各位に深く感謝申し上げます。本データベースが微力ながら地域の皆様のお役に立つことを願っております。

2022年3月
東北大学大学院工学研究科
中田俊彦

closeclose